So-net無料ブログ作成

緊張 手の震えの原因 [手の震えの原因]

手の震えの原因は大きく分けて

4つあります。



1  生理的振戦

ふるえのうち一番多いものが生理的振戦(せいりてきしんせん)です。

極度の緊張
寒いとき
物をもった時細かく震える


生理的振戦を詳しく見る



2甲状腺機能亢進症 バセドウ病

のどの近くにある甲状腺が過剰に働いて
甲状腺ホルモンを作りすぎるために起きる病気です。

手先に細かいふるえがみられますが、

その他の主な症状として、発汗、頻脈(脈が速くなる状態)、
イライラ、軽度の眼球突出などがみられます。


3アルコール依存症


アルコールの常習飲酒の段階を通りこすと、

アルコールが切れて来たときにふるえがでてきます。

アルコール依存症の期間が長引いてくると

常に手がふるえるようになってしまいます


アルコール依存症 5日間禁酒トレーニング【鉄腕脱酒】



4本態性振戦 


中年以降に多いが、若い人にも発症します


手、頭、声がふるえます。

家族性振戦といい遺伝的なことも考えられます。

コップを持ったら震えます。

字を書くときなんかにも現れます。

食事の時、震えることがあります。

文字を書くとき、大きく乱れます


年をとると出てくるようです。
40歳以上では16人に一人はその可能性があるようです。
体が震えてどうしようもないなんてことはないようです。

特効薬のようなものはなく、長くお付き合いする気持ちで
対処する方がよいでしょうね。




ノニタスプラムという飲み物があります。ノニという果実とプラムのエキスが
入ったドリンクです。
これが本態性振戦の症状を和らげる効果があるようです。



ノニタスプラムの公式サイト



5パーキンソン病



筋肉の動きがうまく調節できなくなる病気です。


多くは手足がふるえたり(振戦)、
筋肉の動きがこわばったり(固縮)、
動きがにぶくなったり(無動)、


また押されたときや歩行時に倒れやすい(姿勢反応障害)といった症状がみられます。
はじめはこれらの症状が身体の片側に出現するのが特徴といえます。
.
パーキンソン病は、神経の病気の中では大変多く、人口10万人あたり100人くらいはいるようです。
常にゆっくりと症状が進むため、本人は気づいていない場合がありますが、
ひどくなると日常生活に様々な支障をきたすようになります
前もって予防することが大切です。




パーキンソン病ケアプログラム









手の震えの原因とストレスの関係





~PR広告~
http://www.clientcenteralliance.com/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。